弱者の兵法

砂パとか面白いポケモンで勝ちたいポケモン弱者のブログ

TOP

ななせと申します。
ポケモンと野球とゲーム等々が大好きなやつです。


6世代からガチ対戦を始めましたが、4年以上かけてようやく7世代で初めてレート2000を達成できたのでその記念にブログを始めてみます。


ポケモンの構築記事や、時々趣味に関することを書こうと思っています。
ブログを通じてポケ勢の人脈を広げたいな、とも思ってます。
そして、レートがなかなか上がらない、あと一歩2000に届かない、初心者でも2000乗せてみたいというような方に参考になるような記事が書くことが目標です。


twitter:chalizarda_rin

【S10構築記事】最高レート2003 カバドリ軸偽装()カバコケコマンダ

 

おはようございます、こんにちは、こんばんは。ななせと申します。



今期は2シーズンぶりに砂パで2000を達成できたので構築記事を書きました。

並びはこちら


f:id:chalizarda_rin:20180711011821j:image

 

並び自体は前回と2匹しか変わっていませんが、穴が多かった前回と中身を大幅に変えてみました。


サクサク勝てたので完成度高いのでは!?って思ってましたが、欠陥が見つかったのでまだまだだなあと感じました。


一瞬2000乗っただけなので記事にしようか迷いましたが、自分なりに考えて一応目標を達成できたので記録に残そうと思います。

では内容に移ります


(以下常態)

 

 


【構築経緯】


従来の主流である意地っ張り@鋼Zに中途半端さを感じたところからスタート。

鋼Zは浮いてるポケモンへの打点になるものの、透かされてしまえば打点に欠ける。

威嚇勢はA下げてくるしZ択になる。ギャラはメガ択にもなるし。
身代わりを入れれば択は安定するが、雪崩を切らざるを得なくなる。

撃ちたい相手がPT内に複数いることもある。


意地っ張りにしても火力はギリギリ。
剣舞鋼Zでカバは50%の乱数。
A特化してもグロスとガルドは地震を余裕で耐えてくる。

頭おかしいんとちゃうかこいつら(小声)



f:id:chalizarda_rin:20180704132811j:image

こんなツイートが伸びる始末。


さらに砂下でもSが上がったアーゴヨンやスカーフゲッコウガに抜かれてしまう。


こんなアホほど逆風の環境下で砂パで勝つ方法を私なりに考え、2つの軸を設定して構築と立ち回りに反映させた。



①砂の役割を絞り、勝ちたい相手に確実に勝てる調整にする


②選出誘導をフルに生かし、かなり割り切った行動も通していく


 

①について
広範囲に砂を通せる構成(ここでいう意地@鋼Z)を諦め、選出率を犠牲にする代わりに確実に勝ちたい相手には勝てる調整とした。

今回「勝ちたい相手」に設定したのはメタグロスギルガルドアーゴヨンだった。タイプ相性が有利なこいつらに負けるのが我慢ならんかった(小声)

よって、地震を耐えてくる鋼を粉砕し、アーゴヨンにブーストされてもその上をとれるようにドリュウズを陽気@地面Zとし、そこから構築を組み始めた。


砂選出しにくくね?と思う方が多いかもしれないが、プレイヤーの思考と砂への信用度合いにもよるので一概には言えないが砂をあまり信用してない私にはこれが合っていると判断した。


厳しい相手が多い現環境では役割を絞った方が勝率は上がると判断した。

 


②に関しては以下のポケモン紹介の中で触れていく。

 

 

ポケモン紹介】

 



f:id:chalizarda_rin:20180711135942j:image


カバルドン@さらさら岩
特性:砂起こし
性格:腕白
努力値:228-0-140-0-140-0
実数値:212-132-139-x-110-67
技:地震 ステルスロック 欠伸 吠える

 


HDぶっぱを使っていたが、ミミッキュがやばかったので途中からHBDに振り分ける調整に変更(この時点で欠陥構築感)
S8でメタに怯えて選出を躊躇いすぎた反省から、カバを落とすZ枠が見えたら先発ではなく後発から出すor先発出しして裏にベトンやレヒレを置くことを心がけた。


メタさえ回避できれば本当にスペックが高い安定感のあるポケモンだった。


レボルトが挑発で起点にしてくるなどより一層メタが進んだ感覚もあり、その反面こいつの選出誘導のお陰で勝てた試合も数多くあったのでやっぱり強い

 

 


f:id:chalizarda_rin:20180711135929j:image


ドリュウズ@地面Z
特性:砂かき
性格:陽気
努力値:0-228-28-0-0-252
実数値:185-184-84-0-85-154
技:地震 アイアンヘッド 岩雪崩 剣の舞


調整

HB…A+2不一致イカサマを確定耐え

S…最速



エースその1

構築の軸でありながら選出率はそこまで高くない。

上述した通りメタグロスギルガルドを一撃で落とし、ブーストしたアーゴヨンを抜くため陽気地面Zでの採用。


地面Zを採用している関係上、浮いてる相手に少しでも打点を持ちたいためアイへ雪崩を切れず技構成はテンプレ。


メタの対象として上記3匹を強く意識するなら、耐久調整を捨ててAS珠とかでもよかったかもしれない。ポリ2いたら出さんし


ここまでSを伸ばすことで、砂がなくても一定のSを確保でき、準速ミミッキュオニゴーリ等の上をとれるようになった。


先程も少し触れたが私はあまり砂を出さないため、カバドリ選出をしたのは全体の2割程度だった気がする。
それでもカバドリの選出誘導は強力で、相手の構築や型が多様化している現環境においてメタの対象を絞れるのはそれだけでアドであると感じた。


一方で砂で勝ちたいポケモンが重くなることが多々あったので、出せなさすぎるのもよくないなと感じた。同じ調整なら風船持たせたり電磁浮遊させたりするのはありかもしれない。



全然関係ないが、NNのStormRiderは我ながらハイセンスだと思う(伝われ)

 

 

 


f:id:chalizarda_rin:20180711135914j:image


カプ・コケコ@シュカのみ
特性:エレキメイカ
性格:臆病
努力値:108-x-12-188-4-196
実数値:159-x-107-139-96-192
技:10万ボルト 目覚めるパワー(氷) 草結び 瞑想

 

調整

HB…A182マンムー地震+礫耐え

カバルドン地震+ゴツメ2回+砂ダメ2回耐え

 

S…最速ゲッコウガ抜き

 

エースその2
崩し要員&抜きエースであり、本構築の表のMVP。

 

砂とコケコを合わせて対策するために出てくるカバやグライオンを返り討ちにできるシュカ採用。

環境の地面タイプを増やしてるポケモンがシュカを持ったら強いに決まっていた。


メタの対象であるカバリザ展開の裏にいることが多いグロスに対しても、シュカを持つことで地震を耐えて一発削りを入れることができる。そのため対カバリザグロスには絶対選出していた。
カバマンダやドヒドグライ等を1匹で見れるPTの守り神。

 

技構成は一致打点の10万と、上記の役割上めざ氷と草結びが確定。

ラス1は崩しが弱いというS7の反省を生かし、ボルチェンを切って瞑想を採用した。

 

 

 

※ここで先程挙げた②について触れる。


私は当初ボルチェンをどうしても切りたくなかったのだが、その最も大きな理由の1つとして「初手リザ対面」がある。


リザとコケコが対面すると、Yなら裏に引き、Xなら突っ張ってくる。
このムーブに対して安定するボルチェンが必須であると考えていた。


しかし、強力な崩し要素である瞑想を入れなければ上へはいけないと考え、安易に使えるボルチェンを思い切って切ることとした。
そして、砂の選出誘導を生かし初手に出てくるリザードンはYであると断定し、初手から瞑想を押すプレイングを一貫させた。


ヤンキープレイと思われるかもしれないが、選出画面で砂パとわかり、カバ展開とレヒレが見えるにも関わらず初手からリザXを選出されることはまずなく、経験則的にリザX自体それほど選出されることはないと感じていたため合理的なプレイングだと考えた。
実際にYばかり出され、特にカバリザ選出に対する勝率は非常に高かった(1回だけフレ戦で初手Xを出された)
Xを出されて負けたら仕方ないと割り切ったのが奏効したと思う。


ドリュウズが鋼Zを切ったことでマンダやランドロスグライオンが重くなると考えたため、シュカコケコの存在は非常に重要であった。
ただし、そもそも耐久が高いわけではないのにシュカで無理やり役割対象を広げているため、削られた状態で地震を食らえば普通に落ちてしまう。

よってHP管理とシュカの消費タイミングには細心の注意を払う必要があると感じた。

 

またちょいちょい数値が足りず、もう少しCとDがほしいケースが頻発した。

だがハマった時の崩し性能と抜き性能は凄まじく、積みエース型もいいなと思った。

 

 

 


f:id:chalizarda_rin:20180704155034j:image


ボーマンダ@ボーマンダナイト
特性:威嚇→スカイスキン
性格:腕白
努力値:244-4-156-0-20-84
実数値:201-166-187-x-113-151
技:恩返し 竜の舞 身代わり 羽休め

 

前回も使ったランドやカグヤを起点にする腕白マンダ。
強さに関してはこちらの記事を読めばよくわかる。
http://kyon1101.hateblo.jp/entry/2017/07/30/121115


変更点としては捨て身→恩返しとし、Dを1削ってSに回した程度。


恩返しにした理由はHP管理がシビアになるケースが増えたため。
きっちり舞えれば火力不足はそこまで感じず、反動ダメが入らないメリットの方が多かった。


Dを削ってSを上げた理由は、マンダでリザYのめざ氷を受けることがほぼなく、前期流行ったジャラランガ(最速でS実数値150)と意地HDマンダ(S実数値150が多い)を抜きたかったため。
またサザンの増加が予想されていたので、1舞で準速スカーフサザンを抜きたかったのと、一応最速85族を抜いておきたかったのもある。


優秀な耐性と壊れた数値を生かして、後述するベトンを始め多くのポケモンと一緒に選出した本構築の心臓。

だが今期は刺さりが悪く、信頼してるが故についつい選出してしまうも通せず負けることがよくあった。

地震のないマンダがそもそも環境にマッチしていないのかもしれない。

 

 


 

f:id:chalizarda_rin:20180704155051j:image


ベトベトン@フィラの実
特性:食いしん坊
性格:慎重
努力値:252-0-188-0-68-0
実数値:212-125-119-x-141-70
技:毒突き 叩き落とす のろい リサイクル

 

調整

H…4n

B…余り

HD…珠ゲッコウガハイドロポンプ2耐え(木の実込みで3耐え)

 

 

コケコが表のMVPならこの子は裏のMVP。
特殊受け、詰め、叩き落とす等構築に足りない要素を全て補ってくれたポケモン


初手カバに合わされる水、草両Zに受け出しする特殊受けを探したところ、何度かのろいベトンに詰められて負けたことを思い出し、試しに採用したらハマったどころか性能が壊れていたため使い続けた。

 

物理耐久は脆いイメージがあったが、特殊を起点にのろいを積み始めることで、混乱実による回復と合わせて後出しされるボーマンダメタグロス程度の地震であれば起点にしてしまう。2回積めればガブの地震も半分入らなくなる。

 

のろいリサイクル使いであるカビゴンとの違いとしては、

  • 格闘が弱点でない点
  • 叩き落とす
  • エスパー無効によるテテフ受け性能
  • 毒突きによるカプへの打点

が挙げられる。

 

砂選出をあまりしない関係上テテフが重くなりがちだったので、そこを完璧に止めてくれるのが本当に偉かった。


欠点は地面が抜群で入ってしまうこと。

砂が呼ぶランドやマンダ等の地震の試行回数を稼がれると、弱点であることと相まって急所に当てられて落ちることが何度かあった。その点はカビゴンに劣る点であった。


遅い積みエースであるが故に、技の被弾回数が増えると追加効果や急所を引いてしまうため、積みきるよりもある程度積んだら殴りにいくほうが精神衛生上よい。


20チャレの試合で、こちらラス1ベトン、お相手ガルガブゲッコ(眠り)(HP1)(ほぼHPMAX)という絶望的な状況から、逆鱗で混乱したガブに死に出しして交代した隙にのろいを積み始め、そのまま3タテして20達成したときは喜びのあまり一人暮らしの部屋で深夜に一人叫んだ(近所迷惑)

ベトン抜きで2000達成はありえなかった。ありがとう。

 

 

 

 
f:id:chalizarda_rin:20180704155123j:image

 

カプ・レヒレ@水Z

特性:ミストメイカ
性格:控えめ
努力値:44-0-0-212-0-252
実数値:151-x-135-15 -151-137
技: ハイドロポンプ ムーンフォース 目覚めるパワー(炎) 瞑想

 

 

調整

C…無振りミミッキュが水Zで大体落ちる


S…準速(最速ガッサ+3、最速メガバンギ+2)



耐久ではなくSに大きく割いたCSレヒレ

コケコが出せないときのカバメタ枠。私が砂を組むとどうしてもキノガッサが重くなってしまうため、前期速いレヒレで結果を出した型の調整を丸パクり参考にさせていただいた。 


水Zなので最大火力のハイドロポンプ、安定したフェアリー打点のムーンフォース、相手のレヒレやポリ2等を起点に崩す瞑想まで確定。

@1は炎打点がないことを嫌ってめざ炎としたが、ナットハッサムに全然当たらなかったため何度も凍える風に変えようと思った。


副産物として、PT単位で重かったバンギラスの上をとって倒せるようになったのがとてもgoodだった。一度だけ霊獣ボルトの上をとったこともある。


耐久が心もとなかったので選出率は控えめだったが、いるだけでリザXを抑制しリザYを呼ぶため、コケコの初手瞑想を決めやすくする役割も担っていたため外せない枠だった。


最初は置物になっていたが、レートが上がるにつれ選出率が上がりS振りが生きる機会も増えた。さすが強い人が考えた型って感じ(KONAMI)

 


【主な選出パターン】

 

・カバコケコマンダ…一番勝率が高かった並び。

コケコ先発のときは崩し要員として相手を荒らし、カバ先発のときは素直な積み展開

 

・ベトンマンダ@1…ベトンで詰めたいとき。

マンダの威嚇を残しながら立ち回ることも

 

・カバドリ@1…崩せないサイクルを崩したいとき。あんま出さん(小声)

 


他は臨機応変に色々やっていた。

 


 

【重かったポケモン・並び】

 

 

バンギとクチートが重い。

 

 

これこそレートを溶かし始めた原因であり、本構築の欠陥である。

バンギラスはランドと同居してることが多いため砂を出せず、クチートはそもそも不意打ちやら後続の先制技で倒される。

裏には恩返し1ウエポンのマンダに悪毒の範囲のベトベトン。コケコもレヒレも一撃では落とせない。

砂を出さないという構築のコンセプト上こいつらのマークが甘くなったのが反省点。そこからズルズルいってしまった。

 

 

○特に重かった並び

 

・ポリクチミミガッサ@2

 

重いポケモンてんこ盛り。どうしたらいいかわからん。

選出や型や立ち回り次第では勝てるが基本的に不利。ガッサがいる時点でドリュウズを出す気が0になってクチートが重くなる。

ガッサ単品ならコケコorレヒレ+ベトンやマンダで威嚇を2回入れて身代わりを残して対処することができるが、ベトンもマンダもクチートに打点がないのでアウト。レヒレカバマンダ選出をし、初手レヒレで崩しにかかるしかないがそれでも選出次第では普通に負けるし不利。

 

☆改善案

ヒレを襷テテフに変える

バレルを採用する

 

 

・バンギランド+モロバレル

 

クッソキツい。

ランドがいるのでドリュウズを出したくなくなり、バレルがいるのでレヒレが止まる。よってバンギがゲロ重になり打点がカバだけになる。無理。

ステロや蓄積ダメで頑張るしかなさげ。先に崩されたら負け

 

☆改善案

ドリュウズを風船や電磁浮遊型にする

マンダの型を変更して地震採用する

 

 

・バナ+マンダ受け+高火力地面

 

一度バナサンダー+剣舞ランドという並びを出されたが厳しすぎた。

バナ+マンダ受けならベトンで起点にできるが、地面枠が剣舞して地震してきたらもうどうしようもない。マンダを出しても受けられてサイクル負けする。

 

☆改善案

わかりません。誰か教えて()

 

 

【あとがき】

 

前回使った構築がほぼ友人の教えで組んだものだったので、今期は何が何でも自分で考えた構築で2000に乗せるのを目標にしました。

 

そこを達成でき、構築の完成度も高まったと思ったので最高レート更新を…と思ったが、そこで欠陥が見つかって勝てなかったのでまだまだ力不足だなと感じました。

 

悔しい思いもありますが、ベトベトンという未開拓のポケモンを使ってデフレシーズンに2000まで来れたこと、 何より今回こそ自分で考えた構築でここまでこれたことには素直に自信にしようと思います。

 

 

☆Special thanks☆

ベトベトンという案を偶然くれたCOCOさん

 

 
f:id:chalizarda_rin:20180711011900j:image

 

 

何かありましたらTwitterまで

chalizarda_rin

 

 

襷テテフとゲッコウガ対面の技選択について

襷テテフvsゲッコウガ対面の安定択が最近わからなくて困っているななせです。





ちょっと前まで




ワイ「テテフに突っ張ってくるゲッコウガなんて水Zかダストやろ、サイキネ撃ったろ」




カプ・テテフサイコキネシス




ゲッコウガは たおれた!





ワイ「Fooooooooooo!!!」







こないだ




カプ・テテフサイコキネシス




ゲッコウガには 効果がないようだ…。




ワイ「ファッ!?襷激流!?」





その後の対戦


ワイ「せや…激流ゲッコウガ増えてるから変幻自在発動せえへんことあるんやったわ…とりあえずムンフォ押しとこ」




ゲッコウガの ダストシュート!




ゲッコウガは 毒タイプになった!




ワイ「おい」




カプ・テテフは 毒を浴びた!




ワイ「ファッ!?」




カプ・テテフムーンフォース




効果は いまひとつのようだ…。




カプ・テテフは 倒れた!






















ワイ「ゲッコウガ半端ないって!あいつ半端ないって!変幻自在でタイプ自由に変えてくるのに時々激流で意表突いてくるもん。そんなん出来ひんやん普通」














…誰かこの対面の解答教えてください(切実)




Twitter @chalizarda_rin

【ネタ記事】私が童貞を喪失した日の話

おはようございます、こんにちは、こんばんは。ななせと申します。


オタク垢を本格的に動かし始めてしばらく経ったので「せっかくオタクの世界で自分の趣味嗜好を丸出しにできるなら、それをもっと押し出していこう」と思い立ち、ブログで好きなものについて書こうと考えた。

そこで需要あるテーマについてアンケートをとったところ


f:id:chalizarda_rin:20180606131846j:plain





趣味のこと聞けよ!!!!



アンケートの結果、趣味嗜好ではなく性癖を丸出しにすることが決まってしまったので、今回は苦し紛れに「童貞を卒業したときの話」について書きました。




※記事を読んでもフォロワーの皆様、
特にレディの皆様はブロックしないでください(切実)





時は高1の10月

16歳童貞だった私は、同じ高校の女の子(Fカップ)とたまたまGREEで知り合い、数日後に会う約束をした。



「坊主と筋肉が好き♡」とプロフに書いていた彼女と仲良くなるのに時間はかからなかった(当時筆者は野球部所属)




後から知った話だが、この女なかなかのビッチ属性らしく、この後GREEのHNを「Fぱいののたむ」にしたり(ののたむは彼女の自作ニックネーム)、数多の男をとっかえひっかえしたりしていた(以下彼女をFぱいののたむと表記する)
途中できた彼氏にお願いして坊主にしてもらい、その坊主とのプリクラをアイコンにしていたときは流石に草を禁じ得なかった。




FカップJKと書けば聞こえはいいが、私の高校は偏差値と顔面偏差値が反比例していると評判であり、彼女もルージュラをそれなりの人っぽくした感じのたらこくちびる顔ではあった(ただしブスかと言われたらそこまででもなかった気がする)




約束当日、通学路の途中少し寄り道したところにあった広い公園で彼女と待ち合わせし、敷地の角にあった小さな休憩所?のようなところに並んで座った。





…勘のいい方はお気づきではないだろうか。

なんと私、初体験を公園でしてしまったのである。


公園の端に童貞を落としてきてしまったのだ。



20歳を越え、人の多い東京に住んでいる今では考えられないが、当時人通りが少ない田舎に住んでいた猿の私にとって、公園の休憩所も立派なラブホテルに見えていたのだ。無尽蔵の性欲を持て余す男子高校生の為せる業である。




横に並んで他愛もない会話を少しした後、遂にその時がやってきた。



事前リサーチで彼女が処女であることを知っていた私は、彼女のケンタロスの如く激しいDキスに面食らった。



そして、パケット通信制時代(通じない人もいるのか…?)に携帯の通信料が50000円近くかかり、母親にぶち怒られたレベルで視聴していたエロ動画の豊富な記憶をたどり、FぱいののたむのFぱいを揉みしだいた。


童貞卒業前からFカップおっぱいを揉んでしまったわけだが、FぱいののたむのFぱいが垂れていたせいか特に感動もなく終わってしまった。悲しい。




しばらくFぱいにしたでなめるを食らわせた後、彼女のパルシェンと対面。
携帯の通信料50000円(以下略)の豊富な経験で知っていたパルシェンのイメージとは少し違っていたが、初のパルシェン対面ともあり私のミミッキュは剣の舞をガン積みして踊り狂っていた。





しかし、ここで1つの問題が発生。



私のミミッキュは未だ化けの皮を被ったままだったのである。
童貞の知識のなさは恐ろしいものである。


そんな状況下でも私は、対戦が始まってダメージを食らえば自然に化けの皮が剥がれるのではないかという一縷の希望を抱いていた。


処女レベルの拙いしたでなめるを少々食らい、財布の中からおもむろにひかるおまもりを取り出した私は、おまもりを開封し、頑として化けの皮を被り続けている私のミミッキュに装備した。



対戦よろしくお願いします。



ベンチが中途半端なサイズでそもそも野外だったためか対戦内容についてすごくよかったという感想は正直そこまでなかった。



とりあえず50000円の知識に従って正常位と後背位をし、最後の正常位に入ろうとした、その時歴史が動いた




ミミッキュの ばけのかわが はがれた!」




なんと一縷の希望が叶い、私のミミッキュは初めて化けの皮を剥がすことに成功したのである。




その後は化けの皮貫通の喜びから、無我夢中で動いたことは覚えている。




こうして私の童貞は公園の端の休憩所に捨てられたのであった。









後日談だが、この後Fぱいののたむは彼女の部活の先輩に「彼氏できた!ななせって人!」と言いふらし、それが野球部の先輩に伝わって部内に広まり、翌日の練習前に先輩と同級生からめちゃくちゃに煽られたのであった。 ~fin~










今振り返った感想「外でSEXすな」

【砂パ】今期使ったポケモンのメモとS8の振り返り(という名の大反省会)

S8お疲れ様でした。
即本題に入りますが、今期も砂パを使いましたが最高レートが1900に届かず、最終に至っては1700台で終わりました(一時1700を割りそうになったところで運勝ちしてギリギリ持ちこたえたレベル)


要因は明確で、リアルで試験勉強が本格化してモチベーションが安定しなかったこともありますが、一番は


「使いたいポケモンや型をPTに詰め込みすぎてシナジーやバランスがぐちゃぐちゃになり、立ち回りが安定しなかったこと」


これに尽きると思います。
前シーズンで2000に乗せたものの、これ以上伸び代がないと感じてよりよい形を探し続けたのですが、使ってみたさや意外性、面白さを同時に求めてしまった結果、勝つという最大目標がぼやけてしまい低迷してしまいました。
ロトムがどうしようもなくなったり、最終日に1500台のリザYに3タテされかける等構築力のなさも痛感しました。
その中でも可能性を感じるポケモンや並びもいくつかあったので、自分へのメモも兼ねて列挙してみます。(以下常態)



ギガイアス+慎重カグヤ

ギガイアス@さら岩 岩封 ステロ 大爆発 地震or毒or守る

テッカグヤ@残飯or半回復実 ヘビボン 宿り木 毒 守る


一番使いやすかった並び。カグヤの宿り木+毒とギガイアスの砂+ステロで定数ダメージを稼ぎ、ドリュウズやマンダの圏内に押し込む。カグヤにリザYを出されても守ってギガイアス出しが安定し、ギガイアスにレヒレを後出しされてもカグヤが数値受けできて削りを入れられる。水ロトムグロスがゲロい。あとリザは基本Yが出てくるため、不意に出てきたリザXに舞われて逆鱗でギガイアスを落とされてもやばい。



ミミロップ+ラティアス

ミミロップ@メガ石 恩返し 飛び膝 猫 冷P(身代わり)

ラティアス@電気Z 10万 冷B 瞑想 羽休め


今期最初にゲッコウガが増えてると感じ、ミミロップ強くね?となり採用したが、マンダと同時選出したくなることが多かったので敢えてマンダを試しに外してラティアスを採用。
カグヤが重くなりミミロップが物理耐久が高いポケモンに弱いことからラティアスに受けと積みエースの役割を持たせた。冷Bはランド、マンダ意識。
1800後半までは行けたので@2を詰めればもう少し勝てそう。あとかわいらしさがあっていい



・草食マリルリ@残飯 熱湯 毒 守る 滅び


対ガッサ最終兵器。マリルリが勝てない毒、電気は砂が強く、砂で重めのリザY、バシャ、ガッサ等にマリルリが強い。
不意の草Zで死なない。
陰キャ型のカグヤにも火傷を入れられれば負けない(毒は無理)
自然に滅びの歌を採用できるためバトンや害悪耐性がある。この子もなかなか活躍できそう



・テテフ+フェローチェ

テテフ@襷 サイキネ ムンフォ シャドボ 挑発orショック

フェローチェ@悪Z 飛び膝 蜻蛉 冷B イカサマ


高速蜻蛉ルチェン持ちかつ砂が苦手なランドマンダ辺りに打点があるフェローチェが相性がいいのではと感じ採用。ゲッコウガの手裏剣等数多の先制技からフェローチェを守るテテフをお供に据えた。
呼ぶガルドやグロスを意識して悪Z採用。ある程度は勝てたが耐久が薄い2匹かつ鋼が重いので立ち回りが窮屈になりがちだった。
途中テテフを解雇したがそちらの方が勝てた。



メガユキノオー 吹雪 ギガドレ 礫 地震or零度


天候上書きによる砂ターン操作とスリップダメージ、ギャラ、レヒレ、アシレ等対高耐久水への耐性、対カバルドン性能等々砂の補完としてはかなりのスペックがあるように感じた。必中吹雪が強い。
鋼をクソ呼ぶのでそいつらに少し削りを入れれば砂でぶち抜けそう。
ドラン交換読みでぶち当てる地震かポリ2辺りに撃つ零度は検討の余地あり。宿り木や毒でもいいかも
ギガドレで場持ちがよくなる冷静個体で使っていたが、礫の火力が上がる勇敢もあり。
何ならマンダと同時選出したくなることが多かったのでチョッキとか回復実持たせてもいいかも。


ポリゴンZ@ノーマルZ 10万 冷B テクスチャー 身代わりor再生


たぴおかミルクティーカップの景品でもらった個体。
水に打点があり、ランドマンダゲッコウガを上からしばける裏エース。
身代わりを持たせればHBポリ2等高耐久低火力を起点にでき、積んだ後のバシャ対面で身代わりド安定になり、シャドボ毒のガルドを完封できる。
再生なら場持ちがよくなり、ミミッキュにもまあまあ戦える。
書いてるとクソ強そうだが、積み構築を使ったことがあまりないため積むタイミングがわからずよく吠えられたり止められたりした。スペックが高いのは間違いないが使用者の腕が足りなかった。



他にも色々使っていたが、全然ハマらず負けることがほとんどだった。
何よりこれだけの数のポケモンを使っていたということ。これが構築を煮詰められなかった一番の要因であったと思う。
TLで砂で2100や2000に乗せた人のツイートや構築記事が流れてくるのを見て非常に悔しい気持ちになったので、今期は試験勉強でどれだけ時間をとれるかわからないが1つ煮詰めていい構築を組めたらいいなと思う。
次は結果を残して記事を書きたいなあ…


あ、何かいい並びや組み合わせがあったら教えてください(小声)

Twitter @chalizarda_rin

【叩き台希望記事】砂パで対策必須のポケモン、構築、立ち回りへの対策案

使いたいポケモンを色々試してたらレートが1420くらいまで落ちたので、自分用のメモとして、また叩き台として色んな案をいただいてよりよい砂パを組むための記事になればと思い、記事の完成度なんてものはかなぐり捨てて執筆


私自身砂はにわかなので、こいつも重いよ~とか、このポケモン入れたら強かったよ~みたいな色んなコメントをいただきたいです(他力本願)


※砂始動要員は勝手にカバルドンギガイアスを想定してますがバンギラスは想定してません(こいつ環境に刺さってないし…)(異論は認める)



ポケモン

・必ず意識するやつ、まず選出されるやつ

ランドロスボーマンダギャラドス

テッカグヤゲッコウガリザードンY

カバルドン、レヒレ、アシレーヌ

ポリゴン2ブラッキーバシャーモ

キノガッサマリルリ、特殊メガルカリオ


・ちょい意識、削りが必要

パルシェン、ブルル、メタグロス

ギルガルドヒードランアーゴヨン

ミミッキュガブリアス、ガルーラ、

ジャローダメガミミロップ



・並び、構築単位


◎テテフカバリザ、カバリザテテフ

◎ギャラツルギ、アゴギャラドランカバ、ギャラパル等ギャラ軸

◎ポリクチみたいなクチート軸トリル



【必要な枠、立ち回り】


◎初手レヒレ、アシレを牽制、起点にできるやつ
 ex.無Zジャローダ、リザY、メガゲンガー
 ミミッキュで起点、HDギガイアスで爆発
 ゲッコウガ(草Zorダスト持ち)


こいつらは砂パを見ると親の仇の如く出てくるので必ず裏で咎められるようにしておくべき。
ゲッコウガはこの2匹とは範囲と速さが異なるので別枠



◎初手ゲッコウガに対応できるやつ
 ex.10万メガゲンガー、コケコ、メガギャラドスポリゴン2等数値受け(悪波なければガルド)、ミミッキュ、HDギガイアスで爆発、ミミロップ


正直今一番重いやつかもしれん。
砂始動+ドリュウズ+マンダの並びを一匹で半壊させてくるやばい両生類。こいつの増加を考えると砂+マンダの並びは必須ではなくなってるのかもしれない。



バシャーモ入り…先に加速されないor受けきる
 ※めざ氷は切るまである
 ex.メガボーマンダ、レヒレ(極力パワー出せる型)、ABミミッキュ、身代わりetc…


やばいやつその2
物理はマンダで止まるが両刀が止まらん。
ドリュウズや無Zジャロ等速いやつに身代わりを仕込むのも一考。



◎ギャラ軸…とにかくギャラに先に展開されない
ex.鬼火メガゲン、スカーフコケコ、
 先にウルガマンダ展開、岩石封じ、ジャローダ
 ナットレイカミツルギギャラドス展開


やばいやつその3
先にドリュウズ展開してもメガ進化択を迫られ、人によって立ち回りが異なるので安定しない。
ステロで削れること、ナットレイカミツルギがいるとサイクルしやすくなることを考えると上2匹ほどはやばくない。スカーフコケコなら2舞されても上からしばき回せる。

追記:砂ターンが十分に残っていればドリュウズの身代わりでメガ進化択をやらずにこちら有利に持ち込める。砂+ステロ+A+1地震でH183メガギャラドスを確定1発。H201だと高乱数


カバルドンポリゴン2ブラッキー等高耐久
ex.瞑想コケコ(カバはシュカ必須)、どこかに毒を仕込む
 挑発(+Z)or眼鏡テテフ、ウルガレヒレ等特殊で起点
 ミミッキュ(Zで崩すor呪い)、挑発


ドリュウズ地震やイカサマで56し、毒羽以外のボーマンダを止めてくる方たち。
ドリュウズの調整次第で+2不一致イカサマは耐えるが、やはり物理では起点にしづらいため特殊で起点にするか毒殺する。HDポリ2はイカサマの所持率が高くないと信じてドリュウズで起点にする



◎カグヤ崩し
 ex.腕白マンダ、10万メガゲン、リザードン、コケコ、ギガイアス重力、磁力ジバコ、水Zレヒレ、ゲッコウガミミッキュ(霊Zor呪い)


正直一番砂選出を躊躇う相手。ドリュウズでは打点がない上に向こうからは放射で焼かれるので裏選出を強要される。
砂性能の高さとタイプ相性からかマンダにも役割を持てると勘違いしてのこのこ現れるが、前シーズンは腕白マンダで起点にしてわからせてやった。お前はボーマンダ様の起点だわかったか(めざ氷は無理)(一度岩Zボディパージ型にわからせられた)



キノガッサマリルリルカリオ等先制で縛るやつ


砂選出を躊躇う相手その2。特にガッサ。
いくら耐久調整しようが少し削れれば普通に縛られるため極力出さないようにする。大体はマンダやリザで見ることができるがガッサの襷を削れなければかなり厳しい。なお環境に特殊ルカリオなんていません。



ランドロスボーマンダ等威嚇持ちの浮いてるやつ
 ex.◎腕白マンダ、ゲッコウガ(スカーフランドは死)
 電磁浮遊ドリュウズ、シュカコケコ、HB、HDポリ2
 テッカグヤ(腕白マンダはry)


鋼Zドリュウズなら出せなくもないが、人が頑張ってドリュウズに舞わせてあげても威嚇で無にしてくる最低のやつら。ランドロスは裏でどうにかできるがボーマンダは下手したら起点にされるので、ドリュウズに岩封を仕込んでSを上げさせないのもあり。



ミミッキュ→なるべく早く皮を剥がす
 ex.ドリュウズ、カグヤで受ける(霊Z注意)、Zを早く切らせてマンダで起点にする、HBカバ、ギガイアス


個人的にはあんまり重くないと思っており、前シーズンの被選出率も低かった。
が、油断すると普通にPT壊されるので対策は当然必須。困ったらドリュウズで怯ませれば勝てる(小声)



◎トリル軸→トリル始動に強いポケモンでターン稼ぎ
 ex.D振り守るカグヤ、アッキウルガモス、残飯毒ガルド等


対策を怠るとまじで何もできずにぶち抜かれる。砂選出も気持ちしづらくなるが、裏でターン数を枯らすことができればどうとでもなる。一番まずいのは警戒してないところから突然トリルされることとトリルエースアシレーヌ



【個人的見解】

強力な裏選出が必須事項。
崩し要素(シュカコケコ、ノーマルZジャローダ等)、太い勝ち筋(ボディパージ岩Zカグヤ等)があるPTにするべき?


補完をとってきれいなPTにするより圧倒的勝ち筋を通せる方がいいか?
腕白マンダでカグヤランドを起点にしたり、瞑想シュカコケコでポリ2起点にしたり
トリックルームも一考






コメント、リプくださいお願いしますお願いしますお願いします(切実)


Twitter:chalizarda_rin

【シーズン7最高レート2019】驚天動地カバドリ

ななせと申します。
USUMシーズン7にてカバドリで自身初のレート2000を達成できたので記事を書いてみました。
正直穴もそこそこあり課題の残る構築ですが、初めて2000に乗せた構築であること、そしてもし他のトレーナーの方から意見をいただけたら嬉しいなあという下心からブログを開設しました。
並びはこちら(以下常態)

f:id:chalizarda_rin:20180123005438p:plain

個人的に勝ち筋を作りやすく、選出を絞りやすいのでお気に入りの砂パのエースドリュウズ、砂始動要員としてドリュウズが出せないときでも電気の一貫を切れ、起点作り要員としても優秀なカバルドンを軸として採用。
残りの面子は友人のFTくん(http://lobopoke.blog.fc2.com/)と話し合いながら考えた。
本来負けてしまう相手を倒せるような構成のポケモンが多くいたので、相手を驚かせるという意味+砂パのイメージと絡めて驚天動地という構築名()
以下詳細


【構築紹介】

カバルドン@さらさら岩
特性:砂起こし
性格:腕白
努力値:252-0-4-0-252-0
実数値:215-132-139-x-124-67
技:地震 ステルスロック 欠伸 吠える


砂始動&起点作成要員
私が砂を組むと砂選出ができないときの電気の一貫ができやすかったこと、ステロは撒きたいというケースが多かったことを考慮してカバルドン採用。

適当にボックスにいた腕白HDの個体を使っていたが、慎重にしなくても耐久に困ることがなかったのでそのまま使っていた。

技は起点カバのテンプレ。吠えるは甘えただけですごめんなさい

2000帯ではカバメタの水Zや挑発等が笑うほど飛んできたためそれらしきポケモン(ゲッコウガアシレーヌ等)を見かけるだけで砂選出をしにくくなっていたが、裏に控えさせてもう少し選出してもよかったかもしれない。




ドリュウズ@鋼Z
特性:砂かき
性格:意地っ張り
努力値:44-244-44-0-4-172
実数値:191-204-86-0-86-130
技:地震 アイアンヘッド 岩雪崩 剣の舞


調整はこちら http://in-a-sandstorm.hatenablog.com/entry/2017/02/10/132937

エース枠。
準速が生きたと思う場面がなかったため、何か良い調整はないかと探したところとても使いやすい調整にたどり着いた。

主な調整、ダメージ計算はこちら


S…砂下で1舞準速マンダ抜き

B…A+2不一致イカサマ31.3%の乱数1発

1舞ミミッキュの影打ち3.1%の乱数2発

特化テクニガッサのマッパ耐え


舞ったり耐えて反撃したりする機会が増えて使いやすかった。欠点は砂ミラーにほぼ勝てないことくらいで、HP詐欺師で名高いこの子でも最低限の耐久を確保できた。

持ち物は選出しやすさが上がる鋼Z。ステロ+A1上昇Z、ステロ+A2上昇ZでHBランドロス、HBカバルドンをそれぞれほぼ一撃で落とすことができるので地面Zだったら…と思うことはほとんどなかった。現環境なら鋼Z一択だと個人的には思う。

舞わないと絶妙に火力が足らず、特にH満タンのゲッコウガメタグロス地震でギリギリ落ちなかったのがつらかった。落としきれないなと思ったら迷わずアイへ雪崩を押しましょう。

カバドリ以外の4匹だとコケコの処理に手間取りやすいのでピンドリュ選出をしてもよかったかもしれない。
ほとんどのコケコを完封でき、Sも130あるため低速サイクルの崩しもできるしポテンシャルが本当に高いポケモンだと思った。ちなみに受けループは剣舞して雪崩急所でムドーを突破すれば勝てます。



カプ・コケコ@シュカのみ
特性:エレキメイカー
性格:臆病
努力値:CSぶっぱ
実数値:145-x-105-147-96-200
技:10万ボルト 目覚めるパワー(氷) ボルトチェンジ 草結び→瞑想


カバルドン展開を阻止するために出てくる高火力水に対抗する先発要員兼、ドリュウズで重いランドやカバを削る役。

リフレク弱点保険も試したが、発動した瞬間ランドやカバから逃げられることが多かったのでFTくんおすすめのシュカに変更。ランドに無理矢理突っ張れるため地震と蜻蛉岩封の択をすることなくランドに合法突っ張りができた。

シュカコケコはH159の調整が有名だと思うが、サイクルを回したかったので通常のCSとした。

カバとあまり当たらず、出てきても何とかなっていたため途中草結びを瞑想に変えてポリ2に厚くしていたりした。そうするとカバが出てくるっていう…




ボーマンダ@ボーマンダナイト
特性:威嚇→スカイスキン
性格:腕白
努力値:244-4-156-0-28-76
実数値:201-166-187-x-114-150
技:捨て身タックル 竜の舞 身代わり 羽休め


調整はこちら http://kyon1101.hateblo.jp/entry/2017/07/30/121115


砂のお供といえばこいつ。数値の暴力の化身であり、恐らく選出率トップの化け物。

砂+マンダの並びはテッカグヤが重くなりがちなこと、ドリュウズが舞えれば鋼Zでランドロスを落とせるとはいえ舞えなければ普通に重いため、主にこの2匹を起点にできる腕白で採用した。腕白マンダの単体考察をしているキョンさん(http://kyon1101.hateblo.jp)の素晴らしい調整をそのままいただいた。

ここまでBに厚くすることで威嚇なしでヘビボンや岩封を身代わりがほぼ耐え、安全に竜舞の起点にすることができた。

D方面もC211リザYのめざ氷を確定耐えするくらいはある。詳しいダメ計はブログを参照

Aにほぼ振ってないので無振りミミッキュをワンパンする捨て身採用。きっちり舞ってHPを高く保ってから攻撃していたため火力不足や反動ダメのデメリットはあまり感じなかった。

コケコや後述のジャローダの耐久が薄かったので、耐久が安定しているこいつはとても選出しやすかった。
砂で竜舞マンダを採用するなら今後この調整以外は使えないと思うくらい強かった。MVPと言っても差し支えない。




ジャローダ@ノーマルZ
特性:天邪鬼
性格:臆病
努力値:CSぶっぱ
実数値:151-x-115-127-115-183
技:リーフストーム 目覚めるパワー(炎) 身代わり 破壊光線


カバルドンを見ると100%出てくるレヒレやアシレーヌ入りの低速サイクルにぶっ刺さる影のMVP。 レヒレナットマンダorリザXのような構築はカモ。

カバに投げられた遅い水タイプに後投げしてリフストの起点にし、相手のPTがジャローダより遅ければそのまま半壊、あわよくば3タテする。

ジャローダのめざパのタイプに悩まされてきた人は多いと思うが、C上昇後の破壊光線Zで草炎の範囲では勝てないリザードンウルガモスボーマンダ辺りをステロや砂込みで踏み潰す倒すことができるので、感覚的には威力200のめざ岩とめざ氷を1回使えるような感じであった。

逆に言えば微妙に火力が足りなかったので上手く削りを入れてあげることが必要。

草炎無の範囲はかなり優秀であり本当に強かったが、C上昇していないZは本当に弱いので砂選出しているときは注意が必要(素のZで無振りレボルトを6、7割しか削れない)

身代わりはバシャガルド意識で採用。使用頻度は低かった。カバドリとセットで選出することが多かったので舞いやすくしミミッキュに厚くなるリフレクターでもよかったかもしれない。

出せれば最強のポケモンかと疑うレベルで強かったが欠点も多く、

・耐久に振っておらず回復手段もないため1回の受け出しと砂ダメで半分近く削られる
上記の理由から1回のリフスト外しが負けに直結する
・ゲンガーやゲッコウガがいると出せなくなる(今期は本当にゲッコウガが多くなかなか選出できなかった)

そして何よりノーマルZのモーションが致命的にダサかったことが本当に痛かった。
ロイヤルポケモンに無様な姿をさらさせてしまうことが本当に申し訳なく、内心謝りながらZを押していた。

f:id:chalizarda_rin:20180125094425j:plain

f:id:chalizarda_rin:20180125094442j:plain


お前首元にムチあるんか…




ポリゴン2@進化の奇石
特性:ダウンロード
性格:生意気
努力値:借り物個体のため省略。HDベース少しB
実数値:
技:恩返し シャドーボール 毒々 自己再生


ここまででテテフ、ゲンガー、ギルガルドゲッコウガといった特殊方面に薄く、ポリゴン2の突破手段に乏しかったのでHDベースの個体で採用。シャドボはゲンガーガルド意識、恩返しは特殊への打点。

通常のHBを想定して特殊で殴ってくる相手を返り討ちにする意表を突くやつ。
眼鏡コケコ、コケコの10万+電気Z、特化テテフのサイキネ、HBリザYのオバヒ連打など主要特殊攻撃を受けることができる。リザカバテテフはテテフがスカーフであれば完封可能。化け物かよ…

B方面もランドロスやマンム-、ガブリアス程度の地震であれば余裕で2耐えするくらいあった。

A上昇した恩返しで特殊相手にまあまあ火力が出せるためDLが腐らないのがよかった。ラス1の2割ほど削れたメガフーディンとの対面で、気合い玉を余裕で耐えて返しの恩返しで一撃死させたときは感動した。

安定した耐久とそれなりの火力を持っているが、挑発で再生を封じられると急に弱くなるため、砂に出てくるテテフのほとんどが挑発持ちであったことがキツかった。




【選出について】

砂の選出率だが、体感では表:裏の比は4:6くらいだったように思う。

カバドリ+残り、コケコ+ポリ2+マンダの選出が一番多かったと思うが、ステロがほしいときはカバを出そうといったように柔軟に変えながらやっていた。


重かったポケモンを挙げると


ポリゴン2
こちらのポリ2で毒を入れるか、コケコの瞑想の起点にするか、少し削ってドリュウズで無理矢理突破していたが何かしらの仕事はされてしまう。
ちなみにゲンガーカグヤポリ2という並びに一度当たったが本当に無理。瞑想を積んだコケコでゲンガーとの同速に勝たなければ負け。

ゲッコウガ
このPTはジャローダで高火力水を見ていたため、今期多かったこいつが来るとコケコかポリ2の選出を強要された。激流ゲッコウガの水手裏剣でHマックスのドリュウズに4HITさせられて一撃死させられたときは発狂した。

・最速竜舞地震持ちボーマンダ
ジャローダがノーマルZを撃つ前に上から叩き殺され、舞われたらドリュウズも上から地震でしばかれる

・めざ氷持ちバシャーモ
切ってた。加速される前にカバドリを展開し、2連守るを失敗してもらうしかない

あとあまり当たらなかったがマンムージャローダも重かった。マンムーとかどう処理してたんだろう…



【総評・まとめ】

今期初めて2000に乗ったときは一人暮らしの部屋の中で叫び、その日の残りずっとニヤニヤしていたくらい嬉しかったが、そこからレートを伸ばせず2000と2100の差を痛感した。
それでも上位勢との戦いの中で課題に気づき、またずっと憧れていた実況者のサントスさんと対戦し勝つことができる等、レートが上がらなければできない経験をたくさんすることができた。次に使いたい構築の構想も少しずつ練っているので、また必ず2000に舞い戻り、2100に少しずつ近づいていきたいと思う。

最後に、賭けダーツに負けた僕にパスタを奢らせながらガストで遅くまで構築案を一緒に練ってくれたFTくんに心から感謝したいと思います。ありがとう次は必ず俺が勝つ

ここまで読んでくださった方いらっしゃいましたら本当にありがとうございました。
よろしければTwitterフォローしてくれるとうれしいなあ(小声)


Twitter:chalizarda_rin