弱者の兵法

砂パとか面白いポケモンで勝ちたいポケモン弱者のブログ

【シーズン7最高レート2019】驚天動地カバドリ

ななせと申します。
USUMシーズン7にてカバドリで自身初のレート2000を達成できたので記事を書いてみました。
正直穴もそこそこあり課題の残る構築ですが、初めて2000に乗せた構築であること、そしてもし他のトレーナーの方から意見をいただけたら嬉しいなあという下心からブログを開設しました。
並びはこちら(以下常態)

f:id:chalizarda_rin:20180123005438p:plain

個人的に勝ち筋を作りやすく、選出を絞りやすいのでお気に入りの砂パのエースドリュウズ、砂始動要員としてドリュウズが出せないときでも電気の一貫を切れ、起点作り要員としても優秀なカバルドンを軸として採用。
残りの面子は友人のFTくん(http://lobopoke.blog.fc2.com/)と話し合いながら考えた。
本来負けてしまう相手を倒せるような構成のポケモンが多くいたので、相手を驚かせるという意味+砂パのイメージと絡めて驚天動地という構築名()
以下詳細


【構築紹介】

カバルドン@さらさら岩
特性:砂起こし
性格:腕白
努力値:252-0-4-0-252-0
実数値:215-132-139-x-124-67
技:地震 ステルスロック 欠伸 吠える


砂始動&起点作成要員
私が砂を組むと砂選出ができないときの電気の一貫ができやすかったこと、ステロは撒きたいというケースが多かったことを考慮してカバルドン採用。

適当にボックスにいた腕白HDの個体を使っていたが、慎重にしなくても耐久に困ることがなかったのでそのまま使っていた。

技は起点カバのテンプレ。吠えるは甘えただけですごめんなさい

2000帯ではカバメタの水Zや挑発等が笑うほど飛んできたためそれらしきポケモン(ゲッコウガアシレーヌ等)を見かけるだけで砂選出をしにくくなっていたが、裏に控えさせてもう少し選出してもよかったかもしれない。




ドリュウズ@鋼Z
特性:砂かき
性格:意地っ張り
努力値:44-244-44-0-4-172
実数値:191-204-86-0-86-130
技:地震 アイアンヘッド 岩雪崩 剣の舞


調整はこちら http://in-a-sandstorm.hatenablog.com/entry/2017/02/10/132937

エース枠。
準速が生きたと思う場面がなかったため、何か良い調整はないかと探したところとても使いやすい調整にたどり着いた。

主な調整、ダメージ計算はこちら


S…砂下で1舞準速マンダ抜き

B…A+2不一致イカサマ31.3%の乱数1発

1舞ミミッキュの影打ち3.1%の乱数2発

特化テクニガッサのマッパ耐え


舞ったり耐えて反撃したりする機会が増えて使いやすかった。欠点は砂ミラーにほぼ勝てないことくらいで、HP詐欺師で名高いこの子でも最低限の耐久を確保できた。

持ち物は選出しやすさが上がる鋼Z。ステロ+A1上昇Z、ステロ+A2上昇ZでHBランドロス、HBカバルドンをそれぞれほぼ一撃で落とすことができるので地面Zだったら…と思うことはほとんどなかった。現環境なら鋼Z一択だと個人的には思う。

舞わないと絶妙に火力が足らず、特にH満タンのゲッコウガメタグロス地震でギリギリ落ちなかったのがつらかった。落としきれないなと思ったら迷わずアイへ雪崩を押しましょう。

カバドリ以外の4匹だとコケコの処理に手間取りやすいのでピンドリュ選出をしてもよかったかもしれない。
ほとんどのコケコを完封でき、Sも130あるため低速サイクルの崩しもできるしポテンシャルが本当に高いポケモンだと思った。ちなみに受けループは剣舞して雪崩急所でムドーを突破すれば勝てます。



カプ・コケコ@シュカのみ
特性:エレキメイカー
性格:臆病
努力値:CSぶっぱ
実数値:145-x-105-147-96-200
技:10万ボルト 目覚めるパワー(氷) ボルトチェンジ 草結び→瞑想


カバルドン展開を阻止するために出てくる高火力水に対抗する先発要員兼、ドリュウズで重いランドやカバを削る役。

リフレク弱点保険も試したが、発動した瞬間ランドやカバから逃げられることが多かったのでFTくんおすすめのシュカに変更。ランドに無理矢理突っ張れるため地震と蜻蛉岩封の択をすることなくランドに合法突っ張りができた。

シュカコケコはH159の調整が有名だと思うが、サイクルを回したかったので通常のCSとした。

カバとあまり当たらず、出てきても何とかなっていたため途中草結びを瞑想に変えてポリ2に厚くしていたりした。そうするとカバが出てくるっていう…




ボーマンダ@ボーマンダナイト
特性:威嚇→スカイスキン
性格:腕白
努力値:244-4-156-0-28-76
実数値:201-166-187-x-114-150
技:捨て身タックル 竜の舞 身代わり 羽休め


調整はこちら http://kyon1101.hateblo.jp/entry/2017/07/30/121115


砂のお供といえばこいつ。数値の暴力の化身であり、恐らく選出率トップの化け物。

砂+マンダの並びはテッカグヤが重くなりがちなこと、ドリュウズが舞えれば鋼Zでランドロスを落とせるとはいえ舞えなければ普通に重いため、主にこの2匹を起点にできる腕白で採用した。腕白マンダの単体考察をしているキョンさん(http://kyon1101.hateblo.jp)の素晴らしい調整をそのままいただいた。

ここまでBに厚くすることで威嚇なしでヘビボンや岩封を身代わりがほぼ耐え、安全に竜舞の起点にすることができた。

D方面もC211リザYのめざ氷を確定耐えするくらいはある。詳しいダメ計はブログを参照

Aにほぼ振ってないので無振りミミッキュをワンパンする捨て身採用。きっちり舞ってHPを高く保ってから攻撃していたため火力不足や反動ダメのデメリットはあまり感じなかった。

コケコや後述のジャローダの耐久が薄かったので、耐久が安定しているこいつはとても選出しやすかった。
砂で竜舞マンダを採用するなら今後この調整以外は使えないと思うくらい強かった。MVPと言っても差し支えない。




ジャローダ@ノーマルZ
特性:天邪鬼
性格:臆病
努力値:CSぶっぱ
実数値:151-x-115-127-115-183
技:リーフストーム 目覚めるパワー(炎) 身代わり 破壊光線


カバルドンを見ると100%出てくるレヒレやアシレーヌ入りの低速サイクルにぶっ刺さる影のMVP。 レヒレナットマンダorリザXのような構築はカモ。

カバに投げられた遅い水タイプに後投げしてリフストの起点にし、相手のPTがジャローダより遅ければそのまま半壊、あわよくば3タテする。

ジャローダのめざパのタイプに悩まされてきた人は多いと思うが、C上昇後の破壊光線Zで草炎の範囲では勝てないリザードンウルガモスボーマンダ辺りをステロや砂込みで踏み潰す倒すことができるので、感覚的には威力200のめざ岩とめざ氷を1回使えるような感じであった。

逆に言えば微妙に火力が足りなかったので上手く削りを入れてあげることが必要。

草炎無の範囲はかなり優秀であり本当に強かったが、C上昇していないZは本当に弱いので砂選出しているときは注意が必要(素のZで無振りレボルトを6、7割しか削れない)

身代わりはバシャガルド意識で採用。使用頻度は低かった。カバドリとセットで選出することが多かったので舞いやすくしミミッキュに厚くなるリフレクターでもよかったかもしれない。

出せれば最強のポケモンかと疑うレベルで強かったが欠点も多く、

・耐久に振っておらず回復手段もないため1回の受け出しと砂ダメで半分近く削られる
上記の理由から1回のリフスト外しが負けに直結する
・ゲンガーやゲッコウガがいると出せなくなる(今期は本当にゲッコウガが多くなかなか選出できなかった)

そして何よりノーマルZのモーションが致命的にダサかったことが本当に痛かった。
ロイヤルポケモンに無様な姿をさらさせてしまうことが本当に申し訳なく、内心謝りながらZを押していた。

f:id:chalizarda_rin:20180125094425j:plain

f:id:chalizarda_rin:20180125094442j:plain


お前首元にムチあるんか…




ポリゴン2@進化の奇石
特性:ダウンロード
性格:生意気
努力値:借り物個体のため省略。HDベース少しB
実数値:
技:恩返し シャドーボール 毒々 自己再生


ここまででテテフ、ゲンガー、ギルガルドゲッコウガといった特殊方面に薄く、ポリゴン2の突破手段に乏しかったのでHDベースの個体で採用。シャドボはゲンガーガルド意識、恩返しは特殊への打点。

通常のHBを想定して特殊で殴ってくる相手を返り討ちにする意表を突くやつ。
眼鏡コケコ、コケコの10万+電気Z、特化テテフのサイキネ、HBリザYのオバヒ連打など主要特殊攻撃を受けることができる。リザカバテテフはテテフがスカーフであれば完封可能。化け物かよ…

B方面もランドロスやマンム-、ガブリアス程度の地震であれば余裕で2耐えするくらいあった。

A上昇した恩返しで特殊相手にまあまあ火力が出せるためDLが腐らないのがよかった。ラス1の2割ほど削れたメガフーディンとの対面で、気合い玉を余裕で耐えて返しの恩返しで一撃死させたときは感動した。

安定した耐久とそれなりの火力を持っているが、挑発で再生を封じられると急に弱くなるため、砂に出てくるテテフのほとんどが挑発持ちであったことがキツかった。




【選出について】

砂の選出率だが、体感では表:裏の比は4:6くらいだったように思う。

カバドリ+残り、コケコ+ポリ2+マンダの選出が一番多かったと思うが、ステロがほしいときはカバを出そうといったように柔軟に変えながらやっていた。


重かったポケモンを挙げると


ポリゴン2
こちらのポリ2で毒を入れるか、コケコの瞑想の起点にするか、少し削ってドリュウズで無理矢理突破していたが何かしらの仕事はされてしまう。
ちなみにゲンガーカグヤポリ2という並びに一度当たったが本当に無理。瞑想を積んだコケコでゲンガーとの同速に勝たなければ負け。

ゲッコウガ
このPTはジャローダで高火力水を見ていたため、今期多かったこいつが来るとコケコかポリ2の選出を強要された。激流ゲッコウガの水手裏剣でHマックスのドリュウズに4HITさせられて一撃死させられたときは発狂した。

・最速竜舞地震持ちボーマンダ
ジャローダがノーマルZを撃つ前に上から叩き殺され、舞われたらドリュウズも上から地震でしばかれる

・めざ氷持ちバシャーモ
切ってた。加速される前にカバドリを展開し、2連守るを失敗してもらうしかない

あとあまり当たらなかったがマンムージャローダも重かった。マンムーとかどう処理してたんだろう…



【総評・まとめ】

今期初めて2000に乗ったときは一人暮らしの部屋の中で叫び、その日の残りずっとニヤニヤしていたくらい嬉しかったが、そこからレートを伸ばせず2000と2100の差を痛感した。
それでも上位勢との戦いの中で課題に気づき、またずっと憧れていた実況者のサントスさんと対戦し勝つことができる等、レートが上がらなければできない経験をたくさんすることができた。次に使いたい構築の構想も少しずつ練っているので、また必ず2000に舞い戻り、2100に少しずつ近づいていきたいと思う。

最後に、賭けダーツに負けた僕にパスタを奢らせながらガストで遅くまで構築案を一緒に練ってくれたFTくんに心から感謝したいと思います。ありがとう次は必ず俺が勝つ

ここまで読んでくださった方いらっしゃいましたら本当にありがとうございました。
よろしければTwitterフォローしてくれるとうれしいなあ(小声)


Twitter:chalizarda_rin